2006年08月12日

ゲド戦記

感想
 前評判などからある程度は覚悟はしていたものの、ちょっと残念な内容でした。

「アレンが主人公の冒険映画で、ジブリ風絵柄である。」 
と言われてからみれば、そんなにガッカリしなかったと思うんですが。
原作の「ゲド戦記」を好きな人には、受け入れるのは難しいかもしれません・・・

違う作品だと思えば、こんなものかなーというぐらいで、ネットの掲示板等で散々に言われているほどは悪くはないと思います。

これが初監督作品なわけですし、宮崎駿監督のジブリ作品と比べるのはかわいそうな気がします。
ただ原作を好きな大人には微妙、そして部分部分がわかりにくいため、展開が子供向けではないので、難しい作品だと思います。

ここまでいろいろ書きましたが見にいったことを後悔するほどつまらなかったわけではありませんよ^^
映画は良い部分を楽しんで見ればいいと思っていますし。

ただ、これは「ゲド戦記」ではありません・・・
原作の世界感や、登場人物達の魅力と比べると、映画版のそれは、かなり違いますので。

最近原作とかけはなれた映画が続いている(ブレイブストーリー等)ので、ハリーポッターやロードオブザリングは原作の雰囲気を壊してはおらず、あれでも良く出来ていたんだ、といまさらながら思いました。

15点

あらすじ 
 竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続け、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。しかしテナーと共に住んでいた少女・テルーは、心に闇を持ち自暴自棄となるアレンを嫌悪するのだった…。




posted by junpei1974 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ゲド戦記」レビュー
Excerpt: ジブリアニメ映画 「ゲド戦記」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主なキャラクター(声優):アレン(岡田准一)、テルー(手嶌葵)、クモ(田中裕子)、ウサギ(香川照之)、テナー(風吹..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2006-08-13 02:53

「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・
Excerpt: 「ゲド戦記」観てきました。巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低かっ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-10-15 19:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。