2006年10月02日

凱旋門賞 ディープインパクト残念 

ここ10年以上、競馬には関心がありませんでしたが、さすがに今回はTVでガガッツリ見てしまいました。
普段アンチ武豊の競馬ファンもさすがに今日は、彼を応援したのではないでしょうか?

しかし・・・
ディープインパクトは3着、
日本馬の初優勝ならず!

きっと、私が生きている間に見る事ができるできないでいえば、「日本馬が凱旋門賞に勝つ」というのは、見れない可能性のほうが高い出来事なわけです。そもそも過去欧州以外の調教馬は1回も勝ってないわけですから。

しかし今回は、限りなくそのチャンスに近い、という期待感いっぱいで、TV観戦しました^^
多くのフランスまで応援に行った日本人も、そういう夢を持って見に行ったのでしょう。

位置取りとか、仕掛けるタイミングとか、いろいろ意見はあるでしょうし、結果も残念でしたけど、期待させてくれ、ドキドキさせてくれたディープインパクトに乾杯!^^
posted by junpei1974 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。