2009年02月01日

マネー関連のブログ

マネー関連のブログいくつか始めました。

マネー全般
マネー日々更新
株式市場、為替市場、経済のニュースにコメント

株式投資
新興市場で株式投資
新興市場での有望銘柄探索、日々の株式投資日記等

FX
くりっく365ガイド
税務メリットのあるFXの仕組みくりっく365について解説



posted by junpei1974 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

モバ割

最近いよいよ新興市場も底をうったような雰囲気ですよね^^
皆さんの調子はいかがですか?

携帯電話で普段売買注文出す事が多いのですが、
エイチ・エス証券
のモバ割、こんなサービスがあるなんて知りませんでした。

普段使っている証券会社と比べて、結構安いです・・・

新興市場中心にポートフォリオを組んでいる私には
主幹事実績が多いのも魅力的。

メインで使ってる証券会社変えようと思います;;

posted by junpei1974 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

サイバーエージェントと共に沈む

なんだかんだサイバーエージェント株を買い、
そして株価が下がり、
ナンピン買い。

そして株価が下がり・・・

ポートフォリオが沈んできました;;

でもまだ売ってません。

中間決算、期待しています!
posted by junpei1974 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

プロトコーポレーション その後2

11月2日の日記
http://toeictoryokou.seesaa.net/category/1823878-1.html
にも書いてましたが、去年末からずっと持ち越していたプロトコーポレーション、全株売却しました。
ちょうど50%ぐらい上がりましたので、久々のヒットです。

そして売ったお金で、竹内製作所(JASDAQ 6432)とサイバーエージェント(マザーズ 4751 )を購入しました。

不動産関連株か迷いましたが、利上げの流れですし、今回は購入見送りました。

明日以降の値動きに期待です!
ラベル:
posted by junpei1974 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

プロトコーポレーション その後

一昨日中間決算が発表され、上方修正幅が少なかった事ことにより昨日結構下げましたが、今日はまた反転。
やはり下期の予想があまりに保守的ですからね。
いずれにせよ、まだしばらく保有し続けるつもりです。
上期に売上原価削減により本業の利益率が結構上がっているので、その部分は下期も持続しそうですし。

今日はみずほ証券、四季報ともに、会社発表は保守的すぎる、さらなる上方修正を予想、とでているのも来週以降の株価アップに貢献してもらえればと期待してます^^

他の株は結局全部売ってしまい、保有株がすべてプロトコーポレーションになってしまっているので、また新たに購入する株をこの連休しぼろうかと思います。
ラベル:株式投資
posted by junpei1974 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

プロトコーポレーション

残念ながら、先日の日記
http://toeictoryokou.seesaa.net/article/25283432.html
で書いたプロトコーポレーション(4298 JASDAQ)
中間決算の上方修正が発表されてから、たいして上がりませんでした;;

10月31日中間決算発表の際に、年間の新たな予想を発表するとのことなので、それまでは売らずに様子見ようと思います。

ただこの業績だと今の株価は割安だと思うんですけどね;;

しかも今日は新興市場が結構上がったにも関わらず、さえない動きでした。
株式投資はやはり難しいですね・・・
ラベル:株式 株式投資
posted by junpei1974 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

上方修正 プロトコーポレーション

今保有しているプロトコーポレーションの中間決算の上方修正が本日でました。

1.平成19年3月期 中間期業績予想の修正(平成18年4月1日〜平成18年9月30日)
連結業績予想の修正   (単位:百万円)
        売上高  経常利益  中間(当期)純利益
前回予想(A) 10,026  890    402
今回修正(B) 10,277  1,655   951     
前年同期実績  9,811   1,154   24

いい感じです(笑)
仮に通期が中間利益の倍とすると、1902百万円 
発行済株式数 8,725,000株で割ると1株あたり利益 217.994円
PER 20倍とすると 4,359円
  15倍でも3,269円

今日の終値2,000円からすると、明日以降ガシガシ上がってくれそうな予感がします^^
いや、上がってもらわないと・・・
ラベル:株式
posted by junpei1974 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

チエックしている株一覧 10/07 2006

私は普段20銘柄程度をウォッチすることにしています。
これ以上増やすと、時間的に厳しいこともあって、何かを加えれば何かを減らし、入れ替えています。
現在主にモニタリングしてる株のリストは、

商社
 2768 東証1部 双日(株)
 8001 東証1部 伊藤忠商事(株)
 8058 東証1部 三菱商事(株)

ベンチャーキャピタル
 2725 ヘラクレス ITX(株) 
 8458 JASDAQ エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ(株)
 8595 東証1部 (株)ジャフコ

生活
 2417 JASDAQ (株)ツヴァイ
 9783 大証1部 (株)ベネッセコーポレーション
 2124 JASDAQ (株)ジェイエイシージャパン
 9411 東証1部 (株)テレビ東京

ネット関連in新興市場
 2484 ヘラクレス 夢の街創造委員会(株)
 4751 マザーズ (株)サイバーエージェント
 4298 JASDAQ (株)プロトコーポレーション

不動産
 8890 JASDAQ (株)レーサムリサーチ
 4314 ヘラクレス (株)ダヴィンチ・アドバイザーズ
 4321 東証1部 ケネディクス(株)

素材・部材
 5202 東証1部 日本板硝子(株)
 5446 東証2部 北越メタル(株)
 5713 東証1部 住友金属鉱山(株)

です。
この連休中に時間作って、また見直そうと思います^^
ラベル:株式投資
posted by junpei1974 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

今日の値動き ジェイエイシージャパン等 

週末日記に感想を書いたジェイエイシージャパン (2124)
やはり今日は上がりましたね。
今日の終値が23,710 前日比 +3,000 (+14.49%)

買いを入れている値段よりもちょっと上までしか昼間下がらず、結局買いそびれました・・・
残念です;;

ただ業績自体はしっかりしているので、先週の金曜日の価格が安かったという今日の反応でした。公開後ズルズル下がるところが多い昨今、しっかり業績とともに、株価も浮上して欲しいですね^^

住友金属鉱山と、サイバーエージェントは、日々下がっているので、そろそろ買いたい気持ちが徐々にでてきました。もう20%ぐらい下がってくれれば間違いなく買うんですが、どのあたりまで下がった時に買うか、見極めが難しいところです。
ラベル:株式
posted by junpei1974 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ジェイエイシージャパン (2124)

昨日JASDAQに上場したジェイエイシージャパン(JACジャパン)
5年ほど前にちょっと接触がありました。
というのも、この会社の事業内容は、人材紹介半分、人材派遣半分、利益の大半は人材紹介で稼ぎ出す会社なのですが、そのうちの人材紹介の担当者とやりとりをしていました。

当時私がまだコンサルティングファームに勤務していた時代に、今の業種への転職活動をしていたのですが、人材紹介会社のいくつかとコンタクトしていました。ただ、業種をまたぐ転職よりも、同業種のコンサルティングファームに転職したほうが、新年俸も高いことが多いわけで、コンサルティングファームの職ばっかりを紹介してくる企業が結構ありました。

人材紹介の会社の報酬は、転職者の新年俸の3分の1を採用した側の企業からもらう、というような形態が多いので、当然高く売ったほうが彼らの収入は多いわけです。

なんだかんだで約10社の人材紹介会社に履歴書、職務経歴書を登録していましたが、はっきりいって私の希望通りの職種をちゃんと持ってきてくれた会社は、このジェイエイシージャパンと、インテリジェンスだけでした。
もちろん担当者毎に違うと思いますのでこれだけで判断はできませんが、私自身はこの会社の担当者には好感を持ちました。

ジェイエイシージャパンの昨日のIPOは公募割れという彼らにとっては残念な結果に終わりました。
新興市場の地合の悪さもありますが、人材紹介、人材派遣という目新しさの無い業種なせいもあると思います。
業績自体は好調なので、今後見直されることもあると思いますので、これ以上下がって、2万円切るようなら、買ってみようかと思います^^
ラベル:株式
posted by junpei1974 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

株関連 近況

今日は商社株下げ止まりましたね。
ここ連日の下げで割安感はでてきましたけど、資源系のリスクだけでなく、タイのリスクも考えると、手を出しにくい状況ではあります・・・

仕事が忙しい時期は、株関連はあまりチェックできていないので、ほとんど売買は行いません。気になる経済ニュースは毎朝チェックしているつもりではいますが、個別の銘柄分析となると、ある程度時間がないと厳しいため、今回の商社株はまだ買っていません。
今後も注目していく業種ではあるのですが。

澤上ファンドの澤上さんの著書やバフェット関連の書籍を読むと、長期投資が王道だよなーとも思うときもありますが、長期投資は長期投資で難しいですよね。腰を落ち着けてじっくり信じて待つ、って私にはなかなか・・・

短い時は、1日〜1週間程度、長い時で3ヶ月程度保有するのがここ最近は多いのですが、もう少しじっくり待つ銘柄も、多少はポートフォリオに組み込まなければとは思っていますが、全然候補銘柄は絞れていません・・・

ラベル:株式投資
posted by junpei1974 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

四季報について(商社編)

先週、東洋経済の四季報が発売されましたね。
週刊東洋経済やネット等で事前に四季報予想が上方修正されている企業について書かれているので、以前よりもインパクトは減ってきましたが、それでも自分が普段チェックしている企業のおさらい、それからモニタリングする企業の検討には、使いやすい資料です^^

先日損切りした住友金属鉱山 も今の値段ならまた買ってもいいかなーと迷い中ですが、同じ資源関連ということで割安なPERの大手総合商社にしようか検討中。というのも四季報プロ500の株価予想の基準となっている9月4日の株価からみて軒並み1割程度下がっていて、ただでさえ低水準なPERの業界なのにさらに割安感がでてきているので。

今のところ伊藤忠商事か三菱商事あたりをいろいろチェックしています。1割〜2割アップ程度のリバウンドは狙えそうな株価水準だと思いますので!
ラベル:
posted by junpei1974 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

最近の私のポートフォリオの動き

最近ポートフォリオの中で一番ウエイトをしめているプロトコーポレーションが連日じりじり上がっています。
そのおかげで、上がったり下がったりを繰り返しているサイバーエージェント、そしてついに損きりして売却した住友金属鉱山の分をカバーしてくれています。

諦めて売却した後だったので助かりましたが、住友金属鉱山の今日の下げは材料出尽くしってことなんでしょうけど、良い内容の発表があったあとの下げって、滅入りますよね・・・

サイバーエージェントはMIXI上場前後どういう動きするかのんびり見守ります^^

そしてプロトさんには今後も頑張ってもらいたいです!
ラベル:
posted by junpei1974 at 00:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

プロトコーポレーション

プロトコーポレーション(JASDAQ 4298)
本日買い増しました。

元々四半期の利益の進捗が中間予想を上回っており、9月〜10月には業績予想が上方修正される予想されることから、ジリジリ株価は上がってきていますが、まだ株価は割安な水準と考えて買いました。

19年3月期第一四半期が 売上5049百万円 経常利益 938百万円 当期純利益 547百万円 であるため、1株あたり四半期純利益 62.74円です。
単純に62.74に4をかけると1株あたり利益 250.96円 PER7.29倍です。
第二四半期と第四四半期に若干多めに広告宣伝費を使う傾向があるため割り引き、3をかけたとしても1株あたり利益188.22円 PER 9.72倍です。
(PERは今日9月5日の終値 1,830円で計算)

業種別PER等と比較するまでもない割安な水準ですが、現状出版事業からコンテンツ特化型ポータルサイトの運営に軸足を移しつつあり、利益率も向上している状況、及び今後の新規事業の成長性からすると、1.5倍〜2倍になってもおかしくないと思っています。

前期は不動産の減損と、生活関連情報分野の赤字が本業の足を引っ張りましたが、今期は減損の影響が無く、また第一四半期で生活関連情報分野のカルチャー情報事業が黒字化したことから、マイナス要因がほとんどなくなっていると思います。唯一の損失要因は、子会社のマーズフラッグの開発費ぐらいでしょうが、すでに販管費のその他のところで予定されており、前期を多少超えるコストがかかっていたとしても、大勢に影響がないものと思われます。

今後のプロトコーポレーションに期待しています^^
ラベル:株式
posted by junpei1974 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

Eワラント 研究中

 「信用取引の売り」は損失リスクが無限大なので怖くて手を出せない私ですが、プットオプション(一定期間内に一定の価格で売る権利)を使ってリスクを限定しながら、株価下落時にもゲインを狙いたいと考え、現在ゴールドマンサックスが運営しているEワラントを研究中です。
難点は銘柄が限られている点ですが、ネット証券を通じて手軽に売買できますし、マーケットメイクなので売り買いともに価格がはっきり表示されていますし、わかりやすいです。

 ネット上の解説等もいろいろ見てみましたが、本も1冊買いました。
「フィスコ トップアナリストが直伝! Eワラント 必勝テクニック」

なんだかなーというタイトルの本ですが、Eワラント関連の本の中では一番新しい(それでも2005年2月出版;;)ので、これにしました。

中盤はフィスコのリサーチ部門が書いているだけあって、彼らの推奨手法というかテクニカル分析等が紹介されているので、厳密なEワラントの本では無い気がしますが、

序章 eワラントの基礎知識
1章 対象銘柄とプット・コールの選択
2章 銘柄選択のための基本的な鉄則とツールの使いこなし法
7章 詳細情報をもとにeワラントの特性を把握する

あたり、は基本的な知識がまとまっていますので入門編としては適当かもしれません。

eワラントについてはこれから株式投資日記にちょこちょこ書いていこうと思ってます。

ラベル:株式
posted by junpei1974 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

株関連記事への批評 【森永卓郎の楽しい株】

【森永卓郎の楽しい株】その投資、NGです
の記事
ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/17615/
の感想です。
この記事の内容
◆初心者の株式投資 鉄則8カ条◆
(1)信用取引には手を出さない
(2)デイトレードはプロの世界
(3)中国株はリスク大と心得る
(4)仕手株には絶対近づかない
(5)新興市場株の売買は慎重に
(6)自分の会社の株は買わない
(7)夜間取引は避けた方が得策
(8)寄り付きの売買に乗らない

のそれぞれで、リスクだけを強調し、メリットの説明をしないのはどうかなーと思います。それぞれ投資手法や、市場はあくまでも投資のツールなんで、目的や個人の嗜好で選択するべきものですし。選択の材料を与えるのならいいのですが、鉄則のような形で、”これには手を出すべきでない”と言い切るからには、長所・短所の両方をちゃんと説明して、短所の方が上回るからオススメできない、としたほうが公平だと思うのですが、如何でしょう?

別に投資にまわせる資金が豊富な人が投資の5%を中国株や新興株に手をだしてもまったく問題ないでしょうし、株価やタイミングによっては夜間取引や寄付きの売買が有効な場面もあるでしょうし。

そして締めくくりの
「現物取引で、東証1部か2部のきちんとした企業の株の売買を勧めます」
も問題です。
東証1部も玉石混合ですし、マザーズやJASDAQにも立派な企業はあります。
"きちんとした"の意味が曖昧ではありますが、財務体質も良く、社会的信用も高く、利益体質も良く、従業員の質も高く、経営者も素晴らしい、という意味で言うなら、そんな株はもう十分高い株価をつけているわけですから、それを買って、じっと待ちましょう、なんていう投資手法を薦めるのが結論だなんて・・・

経済アナリストという立場の人が株式投資に関してコメントするなら、あくまで自分のバックグラウンドというかプロフェッショナルな分野の視点から述べて欲しいと思います。
ファンドマネージャーで十分な実績がある人からのコメントならわかりますが、そうでない場合はせめて、自分のポートフォリオを公開して欲しいものです。

なんでこんな批評を書いたかというと、先日良い影響を受けた本の対極にああるよう感じたからです。
「全米No.1投資指南役 ジム・クレイマーの株式投資大作戦」は
自分のポートフォリオを公開してますし、著者の投資実績から論を述べていますし、様々な読者のバックグラウンド、年代、資産の状況などに応じてコメントしています。森永さんの記事を見て、クレイマー氏の良さを再確認しました^^

ラベル:
posted by junpei1974 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

トレーディングと長期投資を混同しない

これも先日オススメした
「全米No.1投資指南役 ジム・クレイマーの株式投資大作戦」
からの教訓です。

トレーディング目的で買ったものを長期保有してはいけないという事。
トレーディング目的とは、その銘柄の株価にインパクトを与えると思われる材料を想定して買うということ。つまり、何らかの根拠があって、それが実現すれば値上がりするはずだと思って買うわけです。その条件が実際に起こったとして、株価が上がらなかった場合に、長期保有に切り替えて持ち続けることを著者は否定している。
もし想定した条件が起こらないor起こっても株価にインパクトがない、とわかっていたなら、その銘柄を買う事はなかった、という点が根拠だ。

トレーディングを長期保有にすり替えるのは屁理屈で自己正当化しているだけだ、と断じています。

私の現在の保有株では、
サイバーエージェントは、MIXIが上場時に想定以上に株価が高騰し、その株を保有している当社も上がる、という想定
住友金属鉱山の場合は、ニッケルや銅の価格が利益を押し上げ、遅くとも次回四半期発表までには上方修正が発表される、という想定
で買っています。
なのでこれらが起こらなかった場合には、売却、という決断を下すわけです。自分が間違っていたと認めることは大事ですよね・・・

ラベル: 株式 株式投資
posted by junpei1974 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

ポートフォリオ見直し

昨日紹介した本、「全米No.1投資指南役 ジム・クレイマーの株式投資大作戦」
の前半のエッセンスは、

バイアンドホールド(買って長期保有)
ではなく、
バイアンドホームワーク(買ってその後も研究)
だ、という点と、

分散投資の必要性(ただし5銘柄〜10銘柄まで、1銘柄あたり週に1時間は勉強する必要性があるので、個人の使える時間に応じて銘柄数が上下)

です。

確かにどうちらも大事ですよね・・・
分散投資を意識してポートフォリオを組んでも、1つの銘柄にのめりこむと、その銘柄を買いますために他の銘柄を売る、という行動が私の欠点でもあるので、基本ではありますが、意識しすぎるに越した事はない、と思い、この週末多少研究し、来週序盤で少し保有銘柄を増やそうと思います。

サービス業1銘柄、不動産1銘柄あたりがいいかと思ってるんですが、サービス業のほうは、まだ候補が見つかりません・・・

あとは本の中で薦められている少なくとも1銘柄は投機的(ハイリスクハイリターン)な銘柄にするべき、という部分に関しては、保有株のなかでサイバーエージェントがあてはまりそうな気もするので、あえて最近IPOした銘柄には今回は手をださないつもりですが、サイバーエージェントを売却した後買う候補は、探そうかと思っています。
ラベル:株式投資
posted by junpei1974 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

ジム・クレイマーの株式投資大作戦

週刊ダイヤモンド 8月26日号の 山崎元さんの「マネー経済の歩き方」のページで、熱心な投資家のための夏休みの推薦図書として、
「全米No.1投資指南役 ジム・クレイマーの株式投資大作戦」
が薦められていました。

山崎さんは割りと投資関連本に辛口な人なので、こういう類の本を薦めるのは珍しいので早速購入しました。最近スポーツジムのエアロバイクに乗っている時間は、読書の時間なのでどんどん読み進みました。

確かに個々最近でている株式関連本の中では、非常に内容がある本です。
骨太な内容な本ですが、とても読みやすくなっています。
実際読んでいて株をやっている身としては、耳が痛いことも結構ありますが^^

明日から、少しづつこの本のどこが優れているのか、またそれをもとに自分の保有株をどうみなおしていくのか、書いていきたいと思います。

こんな感じの表紙なので、山崎さんの書評を読まなければ間違いなく買わなかったですが(笑)

これから株をはじめる人にも、株式投資経験がある程度ある人にも、どちらにもオススメできる1冊です。

posted by junpei1974 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(3) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

住友金属鉱山

分散投資が基本、とわかっていながら住友金属鉱山株を買い増してしまったので、この株は私のポートフォリオの7割を超えてしまいました・・・

LME(London Metal Exchange)  http://www.lme.co.uk/
の銅やニッケルの値段見ると、最近多少上がってしまった今の株価でも買いたくなってしまいます。
住友金属鉱山の会社HPにもある2005年度決算説明会資料の中の
V-4 価格等 sensitivityの中で 銅やニッケル、金の価格上昇による利益への影響が出ているのですが、今期の想定の価格と比較すると、現在のLMEでの価格ははるかに高く、業績上方修正が間違いない状況ですよね。

同じ資料のIV-1 資源・金属戦略Aのページにある
保有資源(ニッケル)の量が 4箇所1.5mil.t
になってますけど、LMEのニッケル3ヶ月先物価格 $29,675/t
で計算すると、$44,512,500,000
1$=117円とすると、5,207,962,500,000円
ニッケルだけで約5.2兆円です。

資料によると銅の量は3mil.t
LMEの銅 3ヶ月先物価格 $7,655/t
で計算すると$22,965,000,000
2,686,905,000,000円
約2.7兆円です。

そしてもちろん金も、菱刈鉱山とPogo鉱山があるので・・・

なのに現在の住友金属鉱山の時価総額は1兆円未満。
なんでなんでしょう?

そう思ってつい買ってしまいます・・・
ラベル:株式
posted by junpei1974 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。